歯を失ったら……

  • HOME
  • 歯を失ったら……

失った歯の機能を取り戻す方法とは

失った歯の機能を取り戻す方法とは

虫歯や歯周病、事故・ケガなどの原因によって歯を失った場合、できるだけ早めに失った歯を補うための治療を行う必要があります。
愛知県名古屋市・岡崎市・東京都渋谷区にある医療法人正翔会・清翔会では、インプラント、入れ歯、ブリッジのいずれの治療にも対応しており、患者様の口腔内の状態や全身疾患などを十分に考慮した上で、最善の治療方法をご提案しています。まずは患者様のお悩みやお困りごと、治療への不安や疑問などを丁寧にお伺いしますので、歯を失ってお困りの方はぜひ当院までご相談ください。初回相談は無料です。

失った歯を補う3つの方法

インプラント

インプラント

歯を失った箇所の顎の骨にチタン製のインプラント体を埋め込み、その上に人工歯を装着する方法です。複数本の治療も可能です。

メリット デメリット
  • 硬い物でもしっかり咬める
  • 自然な見た目を得られる
  • ブリッジや入れ歯のように周囲の歯を傷付けることがない
  • 咬む刺激が伝わるため、しっかり顎の骨が痩せにくい
  • 外科手術が必要
  • 全身疾患などがある場合は、適応できないことがある
  • 自費のため高額
  • 定期的なメンテナンスが必要
入れ歯

入れ歯

1本~複数本の歯を失った場合、部分入れ歯を作製し、全歯を失った場合には総入れ歯を作製し歯の機能を補います。素材や構造などの違いによって、保険診療のものと自費のものがあります。

メリット デメリット
  • 保険診療の場合、安価
  • ブリッジのように隣の健康な歯を削る必要がない
  • インプラントのように手術の必要がない
  • 部分入れ歯の場合、バネにより隣の歯に負担がかかる
  • インプラントと比べると咬む力は劣る
  • ずれたり外れたりすることがある
  • 装着時に違和感が出ることがある
  • 食べ物が挟まって、不衛生になりがち
  • 素材によっては不自然な見た目になることがある
ブリッジ

ブリッジ

失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削り、それを支えにして連結した人工歯を固定する方法です。橋をかけるために、ブリッジと呼ばれます。ブリッジは、1本の歯を失った場合に適しており、失っている歯の本数が多い場合、適応できないことがあります。

メリット デメリット
  • 固定式のため、装着時に違和感が出にくい
  • 保険診療の場合、安価
  • 人工歯の素材を選択することにより、天然歯と変わらない自然な見た目になる
  • インプラントのように手術の必要がない
  • 健康な歯を削る必要がある
  • インプラントと比べると咬む力は劣る
  • 支えにする歯に負担がかかり、将来その歯を失うリスクがある
  • 食べ物が挟まって、不衛生になりがち

入れ歯・ブリッジ・インプラントの比較

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
咬み心地 非常に優れている 違和感が出ることがある 優れている
咬む力 天然歯とほぼ同じ 大きく低下する やや低下する
見た目の美しさ 優れている バネが目立ちやすい よい
味覚への影響 特にない 味を感じにくくなる 特にない
保険・自費 自費 適用(自費診療の入れ歯もあり) 適用(自費診療のブリッジもあり)
外科手術 必要 必要ない 必要ない
他の歯への影響 他の歯に影響しない バネをかける歯に負担がかかる 土台となる歯を削らなければいけない

※保険診療のブリッジ・入れ歯の場合になります。自費診療の場合は異なる点もあります。

歯が抜けたまま放置すると生じるリスク

歯が抜けたまま放置すると生じるリスク

歯が抜けたまま放置していると口腔内だけでなく全身の健康にもさまざまな影響を与えてしまいます。歯が抜けたままの状態にせず、なるべく早く治療しましょう。

口腔内への悪影響 全身への悪影響
  • 歯が抜けた箇所の空いたスペースに周囲の歯が倒れ込んできて、歯並びや咬み合わせが乱れる
  • 咬む力が均等にかからず、特定の歯に負担がかかり、ダメージが及ぶ
  • 歯が抜けた箇所に食べカスが溜まり、虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 歯が抜けた箇所から空気がもれて発音が不明瞭になる
  • 咬む力が均等にかからず、特定の顎の骨に大きな負担がかかり、顎関節症になる場合がある
  • 咬み合わせのバランスが崩れることで首や肩の筋肉・骨格に偏った負担がかかり、痛みが生じる
  • しっかり食べ物を咬み砕けないまま飲み込むことになり、消化不良を招く
  • しっかり咬めないため、歯を支える顎の骨が痩せてしまう

歯科医院選びのポイント

歯科医院選びのポイント

インプラント、入れ歯、ブリッジのいずれの治療を選択するにしても、歯科治療の専門的な内容について患者様ご自身だけで理解し判断するのは難しいものです。ぜひ歯科医院に行って歯科医師から直接説明を受けることをおすすめします。では、どんな歯科医院に相談に行けばいいのでしょうか。こちらでは、歯科医院選びのポイントをご紹介します。

インプラント、入れ歯、ブリッジいずれの治療にも対応しているか

インプラント、入れ歯、ブリッジいずれの治療にも対応しているか

歯科医院によってはインプラント治療ができないところがあります。対応していない治療について十分に説明することはできませんので、まずはインプラント治療に対応している病院であるか確認しましょう。

わかりやすい言葉でしっかりと説明してくれるか

わかりやすい言葉でしっかりと説明してくれるか

検査内容や治療の流れ、スケジュール、費用などわかりやすい言葉で丁寧に説明してくれる医院を選びましょう。また、どんな質問にも的確に答えてくれるところだと安心です。

治療後のメンテナンスも充実しているか

治療後のメンテナンスも充実しているか

治療するだけでなく、治療後の定期的な検診やメンテナンスもしっかり行ってくれるか確認しましょう。

お使いの入れ歯・ブリッジに不満がある方へ

入れ歯、ブリッジを選択された方は、以下のような不満をお持ちになることがあります。

入れ歯のよくある不満 ブリッジのよくある不満
  • 装着時に違和感がある
  • 咬んだ時に痛む
  • 固い物が咬めない
  • 手入れが面倒
  • 外れることがある
  • 金属のバネが目立つ
  • 顎が痩せてしまい合わなくなる
  • しゃべりにくいことがある
  • 両隣の健康な歯を大きく削らなければいけない
  • 奥歯の場合、銀歯になってしまう(保険適用の場合)
  • 顎が痩せてしまう
  • しゃべりにくいことがある
  • 咬みにくいことがある

上記のような不満が出ないのが、インプラントです。インプラントは、入れ歯やブリッジに比べて価格が高く、外科手術が必要になりますが、まるでご自分の歯のような咬み心地と見た目を得ることができ、周囲の歯を傷付けることもありません。入れ歯やブリッジでは絶対に味わえない満足度が、インプラントにはあるのです。食事や会話に不自由することなく使える歯を手に入れたいなら、インプラントをおすすめします。