インプラント治療とは?
インプラント治療ってなに?

  • HOME
  • インプラント治療とは?|インプラント治療ってなに?

まるで自分の歯のような咬み心地と美しい見た目に

まるで自分の歯のような咬み心地と美しい見た目に

インプラントとは、失った歯の箇所の顎の骨に、チタン製のインプラント体(人工歯根)を埋め込み、人工歯を装着する治療方法です。チタン製のインプラント体が顎の骨と強固に結合するため、まるで自分の歯のようにしっかり咬むことができます。また、セラミック製の人工歯にすることで、まるで自分の歯のような自然で美しい見た目になります。
愛知県名古屋市・岡崎市・東京都渋谷区にある医療法人正翔会・清翔会では、インプラント治療に対応しています。まずは患者様のお悩みやお困りごと、治療への不安や疑問などを丁寧にお伺いしますので、歯を失ってお困りの方はぜひ一度当院までご相談ください。

インプラントと差し歯の違いってなに?

インプラントと差し歯の違いってなに?

歯は、外側から見える白い歯の部分と、それを支える歯根から成り立っています。抜歯をした状態で歯根が残っていない場合、歯根の代わりとなるインプラント体(人工歯根)を埋めるインプラント治療が必要になります。一方、差し歯は歯根が残っている状態の時に行う治療です。歯根の上に支台を立て人工歯を被せます。

1本~全歯、幅広く適応できるインプラント治療

インプラントは、歯を何本失っても治療可能です。失った数だけのインプラントを埋め込むことができ、多くの歯を失った場合、支えとなる4本のインプラントを埋入し、そのインプラントで入れ歯のような人工歯を固定するAll-on-4という方法もあります。

前歯を2本失った場合

ブリッジ

ブリッジ

インプラント

インプラント
数本の健康な歯を削り、ブリッジにします。抜けた2本の歯の咬む力を周囲の健康な歯が支えます。そのため、周囲の健康な歯に大きな負担がかかります。 抜けた本数だけインプラント体を埋め込みます。健康な歯を削る必要はありません。
奥歯を2本失った場合

部分入れ歯

部分入れ歯

インプラント

インプラント
部分入れ歯を作り、金属のバネを健康な歯に止めて固定します。装着時に違和感が出たり、ずれたりすることがあります。 抜けた本数だけインプラント体を埋め込みます。金属のバネなどはないため、違和感がなく自然な咬み心地になり、ずれることはありません。
すべての歯を失った場合

総入れ歯

総入れ歯

インプラント

インプラント
床のある総入れ歯を作り、口に装着します。装着時に違和感が出たり、ずれたりすることがあります。また、顎の骨に咬む刺激が伝わらないためしだいに痩せていき、入れ歯が合わなくなってしまうことがあります。 支えとなる4本のインプラントを埋入し、そのインプラントで入れ歯のような人工歯を固定するAll-on-4という方法です。わずか4本のインプラント体で、10~12本の人工歯を支えることができます。

歯の健康を考えるならインプラント治療を

歯の健康を考えるならインプラント治療を

咬む力は想像以上に強く、奥歯1本にかかる力はその人の体重にほぼ等しいと言われています。ブリッジを作り、失った歯の咬む力を周囲の健康な歯が支える場合、その荷重は相当なものになります。そのため、ブリッジで支えとなる歯は傷みやすく、歯を失ってしまうリスクも高いのです。また、ブリッジや入れ歯は歯根がない状態のままになります。歯根がないと顎の骨に咬む刺激が伝わらず、顎の骨はしだいに痩せていき、歯並びや咬み合わせを乱すことが原因となるのです。

インプラントでは、独立した人工歯根を顎の骨に埋め込むため、周囲の健康な歯に負担をかけることもありませんし、顎の骨には天然歯と同じように刺激が伝わります。周囲の歯やお口全体の健康に悪影響を及ぼすことがないのです。