インプラント治療とは?
治療後について

  • HOME
  • インプラント治療とは?|治療後について

インプラント治療後の過ごし方やメンテナンスについて

インプラント治療後の過ごし方やメンテナンスについて

末長くインプラントをお使いいただくために、インプラント治療を終えたら、定期検診やメンテナンスを必ず行いましょう。こちらでは、愛知県名古屋市・岡崎市・東京都渋谷区にある医療法人正翔会・清翔がインプラント治療後の過ごし方やメンテナンス方法などについてご説明します。

治療後の過ごし方

インプラント治療は外科手術を伴い、身体的にも精神的にも大きな負担がかかります。特にインプラント手術直後から2~3日は安静にして過ごしましょう。

  • 手術後24時間は傷口から出血するリスクがあります。傷口を舌や指で触ったり、うがいをしたりするのは避けましょう。
  • アルコールは血行がよくなり出血しやすくなります。手術当日の飲酒は控えましょう。
  • 喫煙は血行が悪くなるため、傷口の治りが遅くなります。できる限り控えましょう。
  • 手術の影響で、顔の腫れや内出血性の青あざが起こることがあります。多くの場合、2~3日がピークで徐々に収まります。冷水湿布を行うと症状が緩和されるでしょう。
  • 痛み止め薬などが処方されます。医師の指示通りに薬を服用しましょう。
  • 手術当日からシャワー可です。しばらくは長風呂・サウナなどを避けましょう。
  • 手術後数時間は麻酔が効いており、口の中を誤って咬んでしまうことがあります。麻酔が切れるまで食事は避けましょう。
  • 手術後2~3日は、スープやおかゆ・うどん・ゼリーなどを摂り、硬い物や熱い物、刺激物は控えましょう。

治療後の検診・メンテナンス

治療後の検診・メンテナンス

インプラントは人工物であり、虫歯になることはありません。しかし、インプラント体を埋め込んでいる歯ぐきは自分の身体の一部であり、毎日のケアを怠れば歯周病と似た症状を引き起こす「インプラント周囲炎」を発症する可能性があります。インプラント周囲炎が悪化すれば、インプラントが抜け落ちてしまうこともあるのです。末長く快適にインプラントを使うためには、ご自宅でのセルフケアと、歯科医院での定期的な検診・メンテナンスが欠かせません。

ご自宅でのセルフケア

ご自宅でのセルフケア

ご自分の歯と同様に、丁寧なブラッシングをしましょう。インプラントの周囲が赤く腫れるなどしていないか、鏡を見てチェックすることも大切です。気になることがあれば、検診前でも受診しましょう。

当院で行うケア

当院で行うケア

当院に定期的にご来院いただき、インプラントが問題なく機能しているか、インプラント周囲炎が起こっていないかチェックし、口腔内全体の健康状態を診察します。また、普段のブラッシングでは取り切れない歯の汚れを歯のクリーニングにて除去します。定期的にご来院いただくことで、インプラントを良好に保てるだけでなく、口腔内全体の健康を保つこともできるのです。

インプラントの寿命

インプラントの寿命

インプラント体は生体親和性の高いチタン製でとても丈夫に作られているため、適切なケアやメンテナンスさえしていれば半永久的に使うことができます。
当院ではインプラントを快適に長く使っていただくため、インプラント10年保証を設けています。一定の条件さえ満たしていれば、保証期間内は100%無料で再治療を行います。治療後もどうぞご安心ください。人工歯部分は2年~5年保証です。