インプラント治療とは?
メリットとデメリット

  • HOME
  • インプラント治療とは?|メリットとデメリット

インプラント治療のメリットとデメリット

インプラント治療のメリットとデメリット

歯を失った治療の中でも、近年人気のインプラント治療ですが、メリットもあればデメリットもあります。メリットばかりに目がいきがちですが、デメリットも把握した上で患者様ご自身が本当に納得のいく治療方法を選択しましょう。
愛知県名古屋市・岡崎市・東京都渋谷区にある医療法人正翔会・清翔会では、インプラント治療に対応しています。まずは患者様のお悩みやお困りごと、治療への不安や疑問などを丁寧にお伺いしますので、歯を失ってお困りの方はぜひ一度当院までご相談ください。

インプラント治療のメリット

硬い物でもしっかり咬める

硬い物でもしっかり咬める

インプラント体(人工歯根)が顎の骨にしっかり固定されるので、硬い物でも咬むことができ、咬む力も自分の歯と同程度まで回復できます。入れ歯のように、咬みにくい、ずれるといったことが一切ありません。また、床部分に厚みのある総入れ歯の場合、食べ物の温度を感じにくくなりますが、インプラントでは自分の歯と同じ感覚で温度を感じることができます。

自然な見た目になる

自然な見た目になる

インプラントは、審美性の高いセラミック素材を選択することで、天然歯のように自然な見た目になります。インプラントであることを周囲に気付かれることはまずありません。ブリッジの場合、保険診療だと治療部位によっては金属しか使用できず目立ちます。また、部分入れ歯の場合も、金属のバネが目立ちます。

ブリッジや入れ歯のように周囲の歯を傷付けることがない

ブリッジや入れ歯のように周囲の歯を傷付けることがない

インプラントは独立して植立することができるため、ブリッジのように周囲の健康な歯を削る必要がありません。また、部分入れ歯の場合、バネをかける歯に負担がかかります。インプラント治療においては、他の歯への負担を心配することはないでしょう。

しっかり咬む刺激が伝わるため、顎の骨が痩せにくい

しっかり咬む刺激が伝わるため、顎の骨が痩せにくい

歯を失い歯根がない状態のままだと顎の骨に咬む刺激が伝わらず、顎の骨はしだいに痩せていきます。インプラントは、インプラント体が人工歯根の役割を果たすため、顎の骨に咬む刺激がしっかり伝わります。

インプラント治療のデメリット

外科手術が必要

外科手術が必要

インプラント治療では、顎の骨にインプラントを埋入する外科手術が必要となります。手術時には、麻酔をかけるため痛みを感じることなく治療を受けられますが、ブリッジや入れ歯に比べると身体的・精神的な負担は大きくなります。また、埋入したインプラント体が顎の骨と結合するまでに期間を要するため、ブリッジや入れ歯に比べて治療期間が長くなります。

適応できないことがある

適応できないことがある

外科手術が伴うインプラント治療は身体への負担が大きいため、重度の全身疾患をお持ちの方は、治療できないことがあります。
»インプラント治療が受けられる条件

自費のため高額

自費のため高額

インプラント治療は健康保険の適用外であり、自費診療とです。ブリッジ・入れ歯に比べると費用が高額になってしまいます。ただし、クレジット払いやレンタルローンを利用することで、一度の負担を軽減することができます。

定期的な検診・メンテナンスが必要

定期的な検診・メンテナンスが必要

インプラント治療で装着した人工歯は虫歯になることはありませんが、インプラント体を埋め入れた顎の骨は「インプラント周囲炎」という歯周病のような病気になります。長期的にインプラントを機能させるには、定期的な検診と適切なメンテナンスが必要になります。
»治療後のメンテナンスについて