当院のインプラント治療
治療方法について

  • HOME
  • 当院のインプラント治療|治療方法について

医療法人正翔会・清翔会のインプラント治療技術

医療法人正翔会・清翔会のインプラント治療技術

愛知県名古屋市・岡崎市・東京都渋谷区にある医療法人正翔会・清翔会では、さまざまな症例や豊富な実績により培った高度な治療技術と、最先端の医療設備を駆使して、安全・確実なインプラント治療をご提供しています。インプラント治療にご興味のある方に、随時無料カウンセリングを実施しており、治療方法や治療期間、費用などについて丁寧にご説明しています。どなた様でもお気軽にご相談ください。

安全・確実なインプラント治療を提供できる理由

当院では、より安全・確実なインプラント治療をご提供するために最先端の医療設備を完備しています。

歯科用CT

歯科用CT

安全なインプラント治療をご提供するためには、歯科用CTは欠かせません。歯科用CTでは、顎の骨の厚みや角度、骨の量、血管や神経の走行などの詳細なデータを3次元画像で取得することができます。そのデータを活用し、より正確な診断、より精密な治療計画の立案が可能になります。

i-CATシステム

i-CATシステム

i-CATシステムとは、より正確なインプラント手術をサポートするインプラント手術専用の高精度解析ソフトです。CTで撮影したデータをi-CATシステムに取り込むことで、詳細な3次元画像を見ながら、インプラント埋入位置をシミュレーションすることができます。

サージカルガイド

サージカルガイド

サージカルガイドとは、CT画像をもとに患者様ごとに作製される治療器具です。入れ歯に似た形状をしており、手術時に口腔内にはめて使用することで、インプラントの埋入位置や角度、深さなどを正確に把握することができます。サージカルガイドにより、あらかじめ決められた穴のサイズ、決められた角度、決められた長さしかドリルが入らないようになるため、正確なインプラント埋入ができるのです。手術時間の短縮、身体への負担を抑えることにもつながります。

完全個室のインプラント手術室

院内にはインプラント手術専用の手術室を完備。完全個室の高水準な衛生環境を保つことができ、インプラント手術時の感染を徹底的に防止します。

麻酔科医と提携

麻酔科医が在籍

当院には麻酔の専門医と提携しており、患者様のご希望や状態によって静脈内鎮静方法を用いることも可能です。静脈内鎮静方法により、眠ったような感覚でリラックスして手術を受けることができます。生体モニターで全身管理を行った上で安全性の高いインプラント手術を実現しています。

インプラントの手術方法

インプラント手術には、1回の手術ですむ1回法と、手術を2回行う2回法があります。どちらの方法を選択するかは、インプラントの埋入本数や患者様の口腔内の状態によって変わります。

1回法「抜歯即時埋入」

抜歯をした後すぐにインプラントを埋入し、1回の手術ですむ治療方法です。患者様の負担が少ないというメリットがある一方、インプラント体と顎の骨が完全に結合するまでに細菌感染のリスクや、力がかかることでインプラントの骨結合に悪影響を及ぼすリスクがあります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
局所麻酔をして歯ぐきを切開し、インプラントを埋め込むために顎の骨に穴を開けます。 顎の骨にインプラントを埋め込み、アバットメント(インプラントと人工歯を接続する部分)を取り付けます。手術時間は約30~120分ほどです。 アバットメントが露出した状態で縫合し、骨が結合するのを待ちます。個人差はありますが、上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月程度必要です。 インプラントと骨が完全に結合したら人工歯を装着して終了です。このときに歯ぐきを切開する必要はありません。
STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
2回法

1回目の手術で、歯ぐきの中にインプラント体を完全に埋め込み、骨との結合を待ちます。その後、再び歯ぐきを切開して、アバットメントと人工歯を取り付けるのが2回法です。2回法では、歯ぐきを切開する手術を2回行う必要がありますが、1回目の手術時にインプラント体を歯ぐきの中に完全に埋め込むため 治癒期間中に細菌感染のリスクがなく、強い力がかかっても骨結合に悪影響を及ぼすリスクもありません。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
歯ぐきを切開し、顎の骨に穴を開けます。顎の骨にインプラント体を埋め込みます。その上に歯ぐきを被せて縫合します。 骨が結合するのを待ちます。個人差はありますが、上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月程度必要です。手術時間は約30~120分ほどです。 歯ぐきを再び切開し、歯ぐきの下に埋まっていた頭の部分を出します。そこにアバットメント(連結部分)を装着します。 アバットメントに人工歯を装着して終了です。
STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
All-on-4、All-on-6

All-on-4、All-on-6

上顎あるいは下顎のすべての歯を失った場合に行う治療方法です。支えとなる4本または6本のインプラントを埋入し、そのインプラントで人工歯を固定します。すべての人工歯を数本のインプラントで支えることでインプラント埋入数を減らすことができ、患者様の負担を抑えることができます。また、固定式の仮歯を手術当日に入れられるため、その日から柔らかい物であれば食べることが可能です。

メリット デメリット
  • 手術当日から食事可能
  • 失った本数分のインプラントを埋め込むよりも、費用の負担を抑えることができる
  • 治療回数や期間が短くてすむ
  • 身体的・精神的ストレスを軽減できる
  • 腫れや痛みを軽減できる
  • 見た目が自然
  • 骨の状態や咬み合わせによっては適応できないことがある
インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

インプラントで入れ歯を固定する方法です。2~4本程度のインプラントを埋入し、そのインプラントに取り外し式の入れ歯を固定します。従来の入れ歯のようにズレたり外れたりすることがなく、ご自分の歯のようにしっかり咬むことができます。また、インプラントと入れ歯が強固に固定されるため、歯ぐきと入れ歯の間に食べ物が挟まることもありません。

メリット デメリット
  • 入れ歯のようにズレたり外れたりしない
  • まるで自分の歯のようにしっかり咬める
  • All-on-4、All-on-6に比べて安価
  • 食べ物が挟まらないので衛生的に使える
  • All-on-4、All-on-6に比べて埋入本数が少ないので、手術の負担が軽減できる
  • インプラントと入れ歯とそれぞれのケアが必要
  • 咬む力が向上するため、使用している入れ歯が割れてしまうことがある