当院のインプラント治療
骨が足りない人へ

  • HOME
  • 当院のインプラント治療|骨が足りない人へ

骨が足りない方へのインプラント治療

骨が足りない方へのインプラント治療

顎の骨に人工歯根を埋め込んで咬む機能を補うインプラント治療は、顎の骨の厚みが足りないと治療が難しくなります。そのため、「骨が足りない」という理由で、インプラント治療ができないと言われてしまうケースは少なくありません。しかし、顎の骨の厚みを補う再生療法を行うことで、インプラント治療は可能になります。
愛知県名古屋市・岡崎市・東京都渋谷区にある医療法人正翔会・清翔会では、再生療法を伴うインプラント治療に対応しています。「骨が足りない」と他院で治療を断られた方も、一度当院にご相談ください。

正翔会・清翔会が行う再生療法

顎の骨の量や厚みが足りない場合、まず骨を増やす再生療法を行います。再生療法にはいくつかの方法があり、患者様の口腔内の状態などによって選択します。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎部分の骨の厚みが足りない場合や多数の歯が失われている場合に行う方法です。上顎の骨の奥にある空洞「上顎洞(じょうがくどう)」の底部を押し上げ、そこに骨を移植したり骨補填剤(骨を作る材料)を注入したりして骨の量や厚みを確保します。骨の厚みが5mm以下の場合に適用されます。

ソケットリフト

ソケットリフト

サイナスリフト同様、上顎部分の骨の厚みが足りない場合や多くの歯が失われている場合に行う方法で、インプラント埋入と骨を増やす治療を同時に行うことができます。インプラントを埋入する箇所に穴を開け、そこから移植骨や骨補填剤を入れながらシュナイダー膜(上顎洞を覆う粘膜)を持ち上げて骨の量や厚みを確保します。

サイナスリフトとソケットリフトとの違い
  サイナスリフト ソケットリフト
適応 骨の厚みが5mm以下 骨の厚みが4~10mm
アプローチの仕方 上顎洞の底部(頬側)から インプラント埋入の穴から
メリット
  • 骨を増やせる量が多い
  • サイナスリフトに比べて肉体的な負担が少ない
  • ソケットリフト後すぐにインプラントを埋入可能
PRF

PRF

PRFとは「多血小板フィブリン」の略で、通常より3~4倍ほど多い血小板を含んだフィブリンのことです。血小板には細胞や組織の成長を促す機能があり、再生療法に用いることで、骨造成のスピードを早くすることができます。PRFは、患者様自身の血液を採取し、遠心分離機にかけて作製します。患者様ご自身の血液を利用することで、副作用の心配はほぼありません。

骨再生誘導療法GBR

骨再生誘導療法GBR

顎の骨が足りない部位に「メンブレン」という特殊な膜を入れてスペースを確保し、自家骨(移植のために身体の別の場所から採取した骨)や骨補填材を置いて、骨の再生を図る治療方法です。インプラント埋入と同時に行うことができる場合もあります。