よくあるトラブル
仮歯・インプラントが取れた

  • HOME
  • よくあるトラブル|仮歯・インプラントが取れた

仮歯やインプラントが取れてしまった方へ

仮歯やインプラントが取れてしまった方へ

インプラントは、チタン製のインプラント体と顎の骨が強固に固定されているため、通常は外れたり取れてしまったりすることはありません。しかし、何らかの原因でまれに仮歯が取れてしまったり、インプラントが脱落してしまったりするケースがあります。
こちらのページでは、愛知県名古屋市・岡崎市・東京都渋谷区にある医療法人正翔会・清翔会が、仮歯やインプラントが取れてしまった場合の原因と対処法をご紹介しています。気になる症状がある場合は、ぜひご覧ください。

仮歯が取れてしまった

仮歯が取れてしまった

天然歯の根は「歯根膜」という薄い膜に覆われており、強く咬んだときにクッションの役割を果たすため、強い力が歯にかからないようになっています。しかし、インプラントには歯根膜がありません。そのため、咬む力が強いと仮歯に強い力が加わり、取れてしまったり欠けてしまったりするのです。

当院の対処方法

当院の対処方法

仮歯に強い力が加わる原因の多くは、歯ぎしりや食いしばりになります。睡眠中に無意識で歯ぎしりや食いしばりをしていることで、仮歯に大きな負担がかかっているのです。歯ぎしりや食いしばりの癖のある方、咬み合わせが強い方には、マウスピースを使用した対処方法をご提案しています。夜間睡眠時にマウスピースを装着することで、歯ぎしりや食いしばりによる強い力が仮歯にかかるのを防ぎます。

また、仮歯が欠損した場合には、欠損箇所の大きさに応じて、修理・交換などを行います。

インプラントが脱落してしまった

インプラントが脱落してしまう原因は、いくつかあります。当院では、以下の原因の可能性を一つひとつ検証し、原因に応じた対処方法をご提案しています。

よくある原因
感染
インプラントを埋入している歯周組織に感染が起こっているとインプラントは抜け落ちてしまうことがあります。歯周組織の感染は、手術中に感染物質が歯周組織に触れた、手術室の衛生管理が不十分だったという手術が原因のものと、口腔内の衛生管理が不十分だったという患者様ご自身の口腔管理が原因のものがあります。
外的負荷
インプラント体と顎の骨と完全に結合するまでには数ヶ月間かかります。その間に安静が保てず、患部を指や舌で頻繁に触ったり、無理な力をかけたりすると、インプラントが骨としっかり結合せず脱落してしまうことがあります。
インプラントと骨の結合不足
顎の骨にインプラント体を埋め込む際に、インプラントの直径よりもわずかに小さな穴を顎の骨に開ける必要があります。この穴が大きくなってしまうと、インプラント体と顎の骨との間に隙間ができ結合不足が起こります。これは歯科医師の技術力不足が原因です。
骨のオーバーヒート
インプラントを顎の骨に埋入するための穴を開けるドリルの回転数が多すぎたり、ドリルの切れ味が悪いために過度な力をかけたりすると、骨が熱せられてオーバーヒート状態になり、脱落しやすくなります。これも歯科医師の技術力不足が原因です。
当院の対処方法

当院の対処方法

当院では、万全の体制で責任を持ってインプラント治療を行っており、インプラント脱落のない確実な治療を実現しています。また、患者様に安心してインプラントをお使いいただけるよう、インプラントの10年保証をお付けしています。きちんとメンテナンスに通っていただくことを条件に、保証期間内であれば所定の保証額で再治療に対応しています。治療後もどうぞご安心ください。
また、患者様ご自身の自衛策として、インプラント治療後は今まで以上に口腔ケアを丁寧に行いましょう。当院も患者様と二人三脚でインプラントを管理していけるよう、責任を持ってメンテナンスを対応させていただきます。