よくあるトラブル
治療後の腫れや違和感がある

  • HOME
  • よくあるトラブル|治療後の腫れや違和感がある

治療後の腫れや違和感にお悩みの方へ

治療後の腫れや違和感にお悩みの方へ

歯ぐきを切開して顎の骨を削るインプラント手術では、顔の腫れや内出血性の青あざが起こることがありますが、これは治療後によく起こる症状です。これらの症状は長くは続かず、多くの場合2~3日がピークで徐々に収まります。もし、症状がずっとおさまらなかったり、悪化したりする場合は、何らかの問題が生じているおそれがあります。
こちらのページでは、愛知県名古屋市・岡崎市・東京都渋谷区にある医療法人正翔会・清翔会が、インプラント治療後の腫れや違和感がある場合の原因と対処法をご紹介しています。気になる症状がある場合は、ぜひご覧ください。

1~2週間経っても腫れや違和感がなくならない

1~2週間経っても腫れや違和感がなくならない

インプラント治療後の腫れや違和感は、再生療法を行ったり、埋入本数が多かったりすると、長く続くことがあります。その場合でも1~2週間でおさまりますので、1~2週間を経過しても症状が治まらない場合、または悪化している場合は、以下のような原因が考えられます。1~2週間経っても腫れや違和感がなくならない場合にはぜひ早めにご来院ください。当院では、レントゲン撮影などの検査を行って原因究明をし、適切な処置を行っています。

原因
  • 患部が炎症を起こしている
  • 隣の歯と触れていることで違和感が生じている
当院の対処方法
  • 上顎洞や神経の損傷が起こっていないか検査します
  • 歯周組織内に炎症が起こっていないか、膿の検査や血液検査を行います
  • 心因性の痛みの可能性があるか確認します

腫れや違和感が軽減する方法

処方薬はきちんと内服しましょう

処方薬はきちんと内服しましょう

手術後には通常、痛み止め、抗生剤、消炎剤が処方されます。処方された薬は、必ず指示通りに内服しましょう。特に抗生剤、消炎剤は飲み忘れてしまうと、患部が炎症を起こし腫れがおさまらなかったりする恐れがあります。飲み忘れのないようにしましょう。

お口の中を清潔に保つ

お口の中を清潔に保つ

手術後は口腔内を清潔に保ち、細菌感染を防ぎましょう。手術箇所以外の自分の歯は通常通りブラッシングしますが、手術箇所はブラッシングや強いうがいは控えましょう。歯磨き粉やうがい薬の使用については、歯科医師に確認してください。